2012年2月18日土曜日

団結便り 第10号

BL20120216

 

12春闘勝利!!

ベストライフの不透明な賃金形態

2009 年ユニット制強行時、会社は「賃金をアップ」と言いながら、2010、11 年の昇給を据え置きしてきました。本年度については現時点で明示されていません。
そもそもこれまでベストライフの基本給の昇給額は、会社が恣意的に決めており、一人ひとり確認しなければわからない状態です。加えて、新卒の給与体系に至っては、就業規則に記載されておらず、「別紙各年度毎の新卒職員給与体系表によるものとする」とされ、公表されていません。

賃金体系とは

Fig1

これまで長年の労働組合のたたかいで、多くの職場の賃金体系は形成されてきました。昇給に関しては、本来は定期昇給とベースアップという形で実現されています。定期昇給は、毎年一定の時期を定めて賃金を労働組合と交渉することで決定する、それに基づいて主として年齢の上昇に合わせて実施される昇給のことです。賃金表という形で、年齢、勤続年数等に応じて賃金額を明確にするものです。ベースアップ(ベア)は、基本給部分の毎年度の昇給額です。図表例30 歳25 万円のところ、定期昇給1 万円、ベースアップ3 千円ならば、翌年31歳の時には1万+3 千で1万3千円上昇する事になります。
東京都産業情報局の昨年の「過去一年間の定期昇給の実施状況」では実施した企業が53,2%、つまり半数は実施した事が明らかになっています。

Fig2

12春闘をたたかおう

ベストライフでは、上記のような定期昇給もベースアップも存在しません。当社に限りませんが、労働者がたたかう団結が奪われている場では、一方的に賃金含めた不利な労働条件が押し付けられています。
会社は労働者に対して昇給を止める、ユニット制で数多く雇い止め、人件費を削減し、逆らわない様にお辞儀を強要などして、生き残ろうとしています。しかし私達労働者は、生きるために働くのであって、会社の都合で賃金を抑えられるなど認められません。
また、改めて出しますが、春闘は職場の労働条件をかえていくために重要です。
私達労働者は会社に対して一人では「会社の方針だからやってもらう」と言われることがほとんどです。会社に対して声をあげる足場をつくりましょう。労働者同士力を合わせられる場をつくりましょう。そのために労働組合が必要です。ぜひ、この過程で会社に要求を出したく思います。賃金に関わること、労働条件に関わることも含め、是非、ご意見、ご要望をお寄せ下さい。


すべての原発いますぐなくそう!
3・11原発いらない!福島県民大集会
2012 年3 月11 日(日)12 時半開場13 時開会郡山開成山球場
(福島県郡山市開成1-5-12 郡山総合運動場内)

〒192-0046 東京都八王子市明神町4-14-5
リーベンスハイム八王子2-203
合同・一般労働組合 多摩連帯ユニオン
メールアドレス: tamarentai.union@gmail.com
(ご注意: 上記メールアドレスをお使いの場合、全角文字の@を半角文字の @ に打ち直してご使用ください)
Copyright (c) 2015-2018 合同・一般労働組合 多摩連帯ユニオン. All Rights Reserved.